秋田水処理株式会社は、こんな会社です!

秋田水処理株式会社

水を究めたその先に豊かな環境を創造

事業内容

  • 水処理薬品の販売
  • 水処理装置の設置・メンテナンス

企業紹介

総合水処理メーカーとして人々の生活と産業を支える

当社で取り扱う商品は、製造における用・排水や汚泥の処理など幅広い用途に応える薬品に加え、産業活動などから生じる排水を浄化する設備など多種多様です。大手水処理メーカー「栗田工業」の販売特約店として最先端の技術を取り入れ、水環境保全のためのトータルケアを実現。水を究め、自然と人間が調和した豊かな環境をつくり出します。

ここがポイント!

資格取得費用を助成

入社してから資格取得が必要な会社です。資格取得のための費用は全額助成しているので、意欲のある人はどんどんチャレンジできる環境です。

能力が身に付く研修

総合的な能力を持つ社員が働いています。一人前になるまでに時間を要しますが、社内勉強会やメーカー研修などが充実しています。

全国で3位を受賞!

昨年、メーカーのキャンペーンで全国3位を受賞しました。社内勉強会やメーカー研修で、技術力の高さと正確性を身に付けた結果だと思います。

20代のスタッフを増員

平均年齢約40歳。今年は20代社員が増えました!幅広い世代が働き、若い社長が会社を牽引しています。次世代を担う、向上心のある方は歓迎です。

社員の交流行事も実施

数年に一度、国内外で社員研修を行っています。近年は、ゴルフ歴の浅い社長を交えて社内コンペをしています。

代表インタビュー

秋田の労働・自然環境を考慮し商品に新たな付加価値を

株式会社秋田水処理株式会社
代表取締役/飯塚 誠さん

水処理における薬品を使っていただくことに加え、近年は装置までを提供し、秋田の人手不足や少子高齢化に対応した装置の遠隔監視システム構築にも取り組んでいます。特に、電子部品などの洗浄に使う純水の製造装置に力を注ぐとともに、自然豊かな秋田の環境に配慮し、生活排水の適切な処理でCO2排出などを低減しているところです。今年4月には営業所を能代から大館に移し、事業の幅を拡大。若い力とともに、今後ますます成長していきたいと思います。

先輩スタッフの声

小野 嵩央さん
大館営業所・営業

勤続年数

入社1年目

資  格

玉掛け、フォークリフト、移動式クレーン運転士

趣  味

ゴルフ、ボウリング、釣り

性  格

明朗快活

事例は千差万別!
お客様の課題一つひとつに対応し、新しいことも提案したい
仕事内容・やりがい
お客様の設備を守るために、メーカーでの研修などを通じて専門的な知識を日々学んでいます。お客様によって機器の状態はさまざまで、2つとして同じ現場がなく難しいですが、向上心をもって取り組んでいきたいです。
私の仕事スケジュール

8:30  出社・営業下調べ(8:45〜)
9:00 営業
10:00 お客様と打ち合わせ・現地調査
12:00 昼休み
13:00 お客様と打ち合わせ・機器メンテナンス
15:00 お客様と打ち合わせ
16:00 帰社・見積書や企画書の作成
17:00 退社

水処理薬品の納品に向かいます


薬品選定
机上試験中

新しい営業所で働いています


製造業を薬品・装置・メンテナンスでサポート

ボイラー水処理薬品、冷却水処理薬品、純水装置、焼却施設など、あらゆる品目が営業の対象です。さまざまな企業の環境保全に関わる業務を、薬品・機械の面からサポート。さらに、メンテナンスまで一括して行っています。

電子部品などを洗浄する純水を作る遠隔監視装置

取引先には製造業が多く、純水装置やろ過装置などはメンテナンス部隊の「ウォーターエンジニアリング株式会社」が設置しています。現場での計測データを自動収集し、遠隔でトレンドを監視することが可能です。

蒸気ボイラー

従来の純水製造装置

地球規模で広がる環境への問題意識は高まるばかり。自然の持つ浄化能力を超えて進行する「水質汚濁」は、私たちの日常への影響が心配される深刻な問題です。日常生活や産業活動などから出る排水は浄化して処理するなど、環境汚染の防止に積極的に取り組む必要があるでしょう。当社は排水処理を通じてSDGsに取り組んでいます。

建築や土木工事などで出る濁水の処理に活躍する「仮設排水処理装置」。
高速道路やトンネルの工事現場で使います

事業所

大館営業所

新設!

関連会社

ウォーターエンジニアリング株式会社(ボイラー保守整備・運転管理、水処理装置保守整備)

企業情報

会社名 秋田水処理株式会社
所在地 〒010-1612 秋田市新屋豊町1-28
電話番号 TEL:018-864-7507
FAX:018-864-7560
設立 1983年4月
従業員数 9名


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事