株式会社秋田魁新報社は、こんな会社です!

株式会社秋田魁新報社

地域密着のニュースを日々発信します

事業内容

  • 日刊新聞発行

企業紹介

県内随一の総合情報拠点・地域活性化を後押しします

秋田魁新報は1874(明治7)年2月2日、「遐邇新聞」として秋田市で創刊しました。「遐邇(かじ)」は遠近の意味です。その後、数度の改題を経て1889(明治22)年2月15日に秋田魁新報第1号を発行。145年以上にわたり、地域に根差した報道を続けています。紙媒体はもちろん、「さきがけ電子版」や各種SNSなど電子メディアでも情報を発信しています。

ここがポイント!

二つの社是

社是は「蹈正勿懼(せいをふんでおそるるなかれ)」「文章報国」。「正しいことを恐れずひるまずに行い、文章の力、新聞の力で地域や社会に貢献する」という思いが込められています。

新聞協会賞、菊池寛賞を受賞

イージス・アショア配備問題を巡るスクープなど一連の報道で、2019年度の新聞協会賞(ニュース部門)、第68回菊池寛賞(2020年)をそれぞれ受賞。地元住民の目線に徹した調査報道で高い評価を受けました。

デジタル展開にも積極的

読者と記者が無料通信アプリLINEで直接つながる新サービス「こちらさきがけ特報班(さきとく)」を2021年2月に開始。読者の疑問、調べてほしいという投稿を基に記者が取材し、結果を「さきがけ電子版」などでお届けしています。

メッセージ

秋田の今を知り、未来を考える記事や広告で多彩に発信!

県内に広く張り巡らせた取材・営業網と、長年培ってきた読者との信頼関係を基礎とし、記事や広告でさまざまな情報を発信。県民が参加する芸術・スポーツ行事を主催するなど、地域文化の振興も目指しています。秋田の将来の姿を思い描きながら、社員一人一人が日々の仕事に取り組んでいます。


先輩スタッフの声

田村 璃子さん
社会部 記者(司法担当)

勤続年数

入社4年目

趣  味

ドライブ

出  身

秋田市

読者との距離感の近さが、地方紙ならではの強みです
仕事内容・やりがい
社会部で事件や事故の取材を担当しています。一つ一つの事件や事故には、必ず複雑な背景事情があります。同じ司法担当の先輩や後輩とチームで連携し、多角的に情報収集することで「何があったのか、なぜ起きたのか」という読者の疑問に答えられるような掘り下げた記事を書くことを日々目指しています。「あの記事読んだよ、面白かったね」と地域の方から声を掛けられることが励みです



新聞ができるまで

新聞に載せる記事や写真、広告は、本社で紙面の形に整えられた後、データで「さきがけ印刷センター」に送られます。印刷センターは関連会社の株式会社秋田魁新報印刷が運営。交通の要衝である秋田市御所野から県内全域に発送しています。センターは見学も可能。印刷中であれば、刷り上がった新聞が素早く発送部門まで搬送されていく様子を見ることができます。

毎朝届く新聞はココで印刷されます♪

 

1時間に新聞18万部を印刷可能!

 

社内外で交流盛ん

本社竿燈会は、本県を代表する夏祭りに参加することで会社をPRする役目を担っています。メンバーは社員や家族、OB・OGら計約60人。毎年6月中旬から本社駐車場などで練習を重ねますが、ここ2年はコロナ禍でまつりが中止に。「来年こそは」と開催を待ちわびています。

野球や卓球、バレーボールなどさまざまな社内部活動・サークルがあります。関連会社の社員も所属しており、会社の枠を超えた大切な交流の場です。健康増進のためのウォーキングイベントなど社内行事もあり、親睦を深めています。


企業情報

会社名 株式会社秋田魁新報社
所在地 〒010-8601 秋田市山王臨海町1-1
HP https://www.sakigake.jp/
電話番号 TEL:018-888-1800
FAX:018-866-9285
設立 1874年2月2日(創刊)
従業員数 263名(2021年9月1日現在)


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事